舞台で、人生を描く     そこで「人」が「生きる」物語を

 

主人公は、二十代の若者数人

ぼんやりとバンドをやりたいという夢がありながら

怠惰な生活から抜け出せず

アルコールやセックスに溺れ

夜の繁華街で、些細なことで喧嘩をし

翌朝、海を目の前に

「俺たちの青春ってなんだろう」と自問自答する

 

そんな日本映画を、僕は、観たくないと思います。

でも、そんな映画が次々と作られています。

リアリティ? いまの若者の姿?

だとしたら、その捉え方は、なんて寂しく悲しい一面なのでしょうか。

 

僕は、舞台で、エンターテイメントをつくりたいと思っています。

それは、華々しい空想話や、非日常が散りばめられたファンタジーの世界だけとは、

限りません。

 

当たり前に日常を生きる人々を。

その人たちの確かな生活を。

絶望も希望もありながら、そこに生きる人たちの「強さ」を、を描きたいと思っています。

 

舞台で、人生を描く。

それがきっとエンターテイメントになり得ることを、僕は信じています。

                            時枝 正俊