ABOUT

時枝正俊 

Masatoshi Tokieda

福岡県出身。日本大学芸術部演劇学科卒業後、現在、東宝演劇部に所属。

演出部として、「レ・ミゼラブル」をはじめとする、東宝製作の数々の作品に携わっている。その一方で、伊藤弘美コンサートのひとり歌芝居「まどをあける。」の脚本・演出、またGala Ribbonや岡村さやかソロライブの脚本・演出を手がける。​

2016年6月には、BROADWAY MUSICAL LIVE 2NDを、EXシアター六本木で構成・演出を、ミュージカルアカデミー05期の試演会にて「メリリー・ウイー・ロール・アロング」の上演台本・演出を手がけた。

 

その他、脚本のみの参加は、KOWA produce「ハ十五歳の女の子」、BAKA2(俵和也と桜木涼介のユニット)vol.5「きいろの日」等がある。

2019年1月から3月にかけて、琉球放送にて脚本・演出を担当したラジオドラマ「絶対、泣かない。」が放送された。

時枝 千晶

Chiaki Tokieda

映像ディレクター兼フォトグラファー。

邦画制作会社退社後、外国からの撮影クルーのコーディネーターとして独立。​その後、ディレクターとしてMV、CM、ショートフィルムなどを制作。

2016年結婚。​

大手菓子メーカー、飲食店、アウトドア企業、アーティストなど様々な映像とスチールの撮影を行っている。

2019年は、京都丸紅株式会社から発売の京友禅、加賀友禅における14名の作家さんの撮影、日本の玩具メーカーのCM撮影、サンフランシスコを拠点とするアプリのCMなどを制作。

また、雑誌FUDGEが運用するWebとSNS用のストリートスナップを行なっている。